「伝票印刷・領収書印刷」の印刷通販「めちゃ楽プリント」封筒や冊子にも対応!

079-261-333810:00~18:00(定休日:土日祝)

印刷用紙サイズ早見表「規格サイズ・全判サイズ A判・B判・46判・etc」

A4サイズやB5サイズといった用紙の規格サイズについてご紹介します。

用紙サイズにはさまざまな規格が存在しており、それぞれの目的や用途に応じて適切なサイズを選ぶことが重要です。規格サイズにはA判、B判などがあり、それぞれが特定の寸法を持っています。

例えば、A判はA4やA3など、標準的な文書や資料の印刷によく使用されるサイズです。B判はA判よりも少し大きいサイズで、カタログやポスターなどの印刷に適しています。

46判は新聞や大型ポスターなど、大きな印刷物に使用されるサイズです。これらの規格サイズを理解し、適切なサイズを選ぶことで、印刷物の品質や見た目を向上させることができます。

規格サイズ一覧表と寸法

規格寸法

A判寸法B判寸法
A01189 × 841 mmB01456 × 1030 mm
A1841 × 594 mmB11030 × 728 mm
A2594 × 420 mmB2728 × 515 mm
A3420 × 297 mmB3515 × 364 mm
A4297 × 210 mmB4364 × 257 mm
A5210 × 148 mmB5257 × 182 mm
A6148 × 105 mmB6182 × 128 mm
A7105 × 74 mmB7128 × 91 mm

各種印刷物の標準サイズについて

写真のサイズ(L判)寸法: 89 × 127㎜一般的に、家庭用のプリンターや写真屋でよく現像される写真のサイズはL判と呼ばれています。 L判は独特な比率を持っており、「1:1.427」とされています。これはA判やB判の標準的な比率とは異なるため、特別な設定が必要な場合もあります。

はがき(年賀状)のサイズ 寸法: 100 × 148mm このサイズはA6サイズ(105 × 148mm)に非常に近いですが、短辺が5mm短い点が異なります。 この違いは、特にはがき印刷時に気を付けるべき点です。

名刺のサイズ 寸法: 55 × 91mm 一般的なB8サイズ(64 × 91mm)と比べ、この名刺サイズは短辺が9mm短いです。 このサイズが一般的に用いられるため、名刺ケースや名刺入れもこのサイズに合わせて作られています。

洋紙寸法および面積表(印刷用紙のサイズ)

名  称サイズ(mm)面 積(m²)
A列本判625×8800.550
B列本判765×1,0850.830
A列小判608×8560.520
四六判788×1,0910.860
菊判636×9390.597
地券判591×7580.448
三々判697×1,0000.697
艶判508×7620.387
艶判(倍判)762×1,0160.774
ハトロン判900×1,2001.080
新聞用紙813×5460.444
B列四判257×3640.0935

寸法、連量(g/m²)、および包入数

印刷用紙 A (上質紙)

寸法四六判 788×1091mm (連量/包入数)B列本判 765×1085mm (連量/包入数)菊判 636×939mm (連量/包入数)A列本判 625×880mm (連量/包入数)
52.345/500枚43.5/500枚31/500枚28.5/500枚
6455/500枚53/500枚38/500枚35/500枚
81.470/250枚67.5/250枚48.5/500枚44.5/500枚
104.790/250枚87/250枚62.5/250枚57.5/250枚
127.9110/250枚106/250枚76.5/250枚70.5/250枚
157.0135/125枚130.5/125枚93.5/250枚86.5/250枚
209.3180/125枚173.5/125枚125/125枚115/125枚

上質コート紙(A2)

寸法四六判 788×1091mm (連量/包入数)B列本判 765×1085mm (連量/包入数)菊判 636×939mm (連量/包入数)A列本判 625×880mm (連量/包入数)
73.363/250枚61/250枚43.5/500枚40.5/500枚
79.168/250枚65.5/250枚47/500枚43.5/500枚
84.973/250枚70.5/250枚50.5/500枚46.5/500枚
104.790/250枚87/250枚62.5/250枚57.5/250枚
127.9110/250枚106/250枚76.5/250枚70.5/250枚
157.0135/125枚130.5/125枚93.5/250枚86.5/250枚

色上質

厚み/μm ※北越紀州色上質A列本判 625×880mm (連量/包入数)四六判 788×1091mm (連量/包入数)
薄口/75μm33K/500枚52K/250枚
中厚口/95μm42K/250枚66K/250枚
厚口/110μm50K/250枚78K/250枚
特厚口/150μm68.5K/250枚107K/125枚
最厚口/180μm84.5/100132K/100枚

紙の重さと厚さを測る「キロ連量」とは?

基本的なポイント

  • キロ連量: これは全判用紙 1,000枚(一般的な紙)もしくは100枚(板紙)の重さをキログラム(kg)で表示した単位です。

注意事項

  1. 板紙と洋紙の違い: 板紙の場合、全判用紙は100枚となります。洋紙とは枚数が違うため、注意が必要です。
  2. 数値の表示方法: 小数点第1位は「2捨3入7捨8入」の方法で整数化するか、0.5kg単位で表示します。
  3. 国内での使用: 日本国内で一般的に使用されている「連量」はこのキロ連量を指します。

便利な参考用語

  • 1連: 全判用紙 1,000枚の重さを1連量と呼びます(板紙の場合は100枚)。例えば、2.5連量は全判用紙 2,500枚の重さを指します。
  • 1束: これは包装単位での枚数を指します。

「紙の目」とは?印刷業界でのその重要性

紙には「紙の目」と呼ばれる特性があります。この特性は、紙が製造される際、抄紙機がパルプを一定方向に流すことで繊維が揃い、形成されます。

なぜ「紙の目」は重要なのか?

この「紙の目」は、印刷やその他の加工工程で大変重要な要素です。繊維が一定の方向に揃っているため、紙の強度や印刷品質に影響を与える可能性があります。

▲TOP